株式会社シミズプレス連絡先
スエージング

 スエージング加工とは

スエージング加工とは、冷間で金型によりパイプの端部またはその一部分を周囲から連続的にたたいて外径を絞り テーパーや勾配をつけたり、先を細くしたりする加工法のことです。
1~2対のダイスが間隔を変化させながら素材の周囲を回転させます。(打撃数は毎分3000~5000回)

 塑性加工とは

材料を切削や溶解せず、人為的・機械的に力を加え変形させることにより、意図した形状に加工することを塑性加工といいます。
※力を加えて材料を変形させた時、変形したまま戻らない性質を塑性といいます。
塑性加工のメリットとして、材料の無駄が少なく加工速度が速いことが挙げられ、一般的にコストの点で切削加工より有利とされております。

 シミズプレスのスエージング加工技術

 シミズプレス独自のスエージング受注形態

シミズプレスでは、独自のスエージング受注形態をとっております。

 シミズプレスのスエージング加工の特徴

シミズプレスのパイプの塑性加工は1本から対応いたします。

オリジナルデザインパイプなら金型コストはかかりません。

大型スエージング機を所有しております。
テーパー長さL690mmのロングテーパーまで加工可能です。



 他社とのコラボレーション

高齢化社会を迎え、あらゆる空間でのバリアフリーが当然のこととして求められる現代では、手すりもまた、人々の安全を守り安心を与えるためのデザインでなくてはなりません。
「ユニップ」は世界で初めて、真の意味でのユニバーサルデザインの手すりとして生まれました。
年齢や握力や手の大きさに関係なく、すべての人にとって握りやすいフォルムを持った手すりです。

【設置事例:車椅子用スロープ】



 オリジナルスエージング加工

このような加工で悩んでいらっしゃるお客様は、是非ご一報ください。設備の能力内で対応できるものは協力させて頂きます。
材質・肉質等の条件はございますが、最小経φ5.0までご対応可能です。詳細は、図面等の確認後御打合せさせて頂きますので、 お気軽にご連絡ください。

インパクト成形製品とスエージング加工のコラボレーション事例
材質:アルミ 肉厚:t0.7 外径:φ21.0

ステンレスパイプの両端面テーパー加工事例
材質:SUS304 肉厚:t0.8 外径:φ25.4

チタンパイプ角成形事例
[φ34.0→□28.0]

フレア加工及びNC複合旋盤加工事例
材質:SUS304 肉厚:t2.0

真鍮のパイプを用いたスパイラル形状加工事例
材質:真鍮 肉厚:t0.5 外径:φ10.0